受ける前に

屋上の医師と看護師

子供を授かりたいと思っているのに、なかなか機会に恵まれないと悩んだ時には、不妊症の検査を受けてみましょう。ただし、20代後半〜30代前半の女性が自然妊娠する確率は25〜30%と言われているので、すぐに不妊症であると判断してしまうのは誤りです。 妊娠するためには、基礎体温を正しく測定して自分で排卵日を予想し、その日に合わせて夫婦生活を持つのが一般的です。検査を受ける前に、妊娠するための正しい努力を行っているか振り返ってみましょう。 それでも一定期間、妊娠の兆候が無い際には、検査を受けた方が良いでしょう。女性が20代の場合には、2年を目安としてください。女性が30代の場合には、妊娠可能な期間があまり残されていないことを考慮して、1年を目安とします。

いくつかの検査を受診し、異常が見られれば、不妊治療に入ります。不妊治療にも、治療歴や年齢などを勘案して、様々な治療法が取られます。 まず、初めて不妊治療を受ける方には、タイミング法と呼ばれる方法から始めます。これは、排卵の時期を正確に測定して、それに合わせて夫婦生活を持つ方法です。排卵が十分にある場合は自然周期に合わせて行い、卵が少ない場合などは排卵誘発剤を用いる場合もあります。 タイミング法を継続しても効果が見られない場合には、人工授精や体外受精などのより本格的な不妊治療に入ります。ただし、人工授精や体外受精は自由診療となるため、健康保険の適用対象外となり、高額な医療費がかかる可能性があります。