子供を授かる為

赤ちゃん

最近では、不妊治療をうけていることや不妊治療によって赤ちゃんを授かったことなどを告白する芸能人が多くみられるほど、話題になっています。 そもそも、不妊とはなんでしょうか。不妊とは、子供を授かろうと努力しても2年以上授からない状態をいいます。不妊に悩む夫婦は6組に1組と言われるほど多く、近年ではその数は増加の傾向にあります。そこには結婚年齢の上昇や病気の影響、過度のストレスなど、様々な問題が影響しています。 それでは現在、不妊治療に対する取り組みはどのようなものがあげられているのでしょうか。 国としての取り組みが不妊治療にかかる費用の助成です。治療にはとにかくお金がかかります。所得制限や助成回数はあるものの、1回の不妊治療につき15万円が支給されます。その他に都道府県などで不妊専門相談を設置し相談よ情報提供を行っています。

誰もができることなら自然妊娠したいはずですが、なかなか授からないために最終的に不妊治療を受けることになります。それでは実際に不妊治療とはどのようにおこなっていくのでしょうか。 まずは不妊治療の前に不妊検査を受けます。 実際に治療にふみきった場合、最初に行うのがタイミング療法です。これは医師が検査をもとに排卵日を推測し指導してもらう方法です。これだけで妊娠すると自然妊娠と同じことです。 次に人工授精です。これは人工的に精子を子宮の中に送り込む方法です。最後に体外受精へとうつります。これは体外で精子と卵子を授精させ、子宮内に戻す方法です。 不妊治療はステップを踏むごとに女性の体への負担や経済的負担が増していきます。夫婦がお互いを思いやり、穏やかな気持ちで治療をおこなうことも大切です。